囲炉裏とくつろぎの宿 ホテルやまぶき

政府登録国際観光旅館

ホテルやまぶき

〒399-4117
長野県駒ヶ根市赤穂497-1497
TEL 0265-83-3870(代)
FAX 0265-83-1839

やまぶきのおもてなし

やまぶきのおもてなし

hsp_img01

数奇屋門から玄関へ・・・「やまぶき」の心を込めた香りと癒しの刻(とき)が始まります。

「いらっしゃいませ」、この言葉がお客様にかけられた時、なぜか自分の記憶の中に「帰って来た」という感覚を感じてもらいたい。そんな気持ちが私たちスタッフの「笑顔」と「いらっしゃいませ」の言葉に込められています。

アルプスに囲まれた雄大な自然環境を肌で感じ、ゆっくりと、そして懐かしみにも似た時間の流れをご堪能くださいませ。 この玄関でのお出迎えこそ、「やまぶき」の心を込めた香りと癒しの刻(とき)のはじまりなのです。

さあ、奥へおすすみください。さりげない心遣いとほのぼのとした感動に出会うために・・・。

hsp_img02

やまぶきで触れる古き良き時代「大正ロマン」

現在の日本は、インターネットや○○など、多くの先端技術が生活と密着し、欠かすことのできない存在となっています。一方で効率化や○○に対応するため、毎日を忙しく過ごされている方は圧倒的に多いのではないでしょうか。

日本文化と西洋文化の融合と昇華の時代、そんな時代を「大正ロマン」と表現することがあります。急速に成長を続け時代が進歩してきたために、置き去りにされた日本の西洋文化昇華の時代が、過去を懐かしむ「古き良き時代」となって現在に蘇ります。この時代に触れたことのない世代の方でも、どこか懐かしみを感じることができる、そんな不思議な空間をやまぶきで体感してみませんか。

ロビー「ろまん亭」のご案内

hsp_img03

ふるさとと団らんの暖かさを感じる囲炉裏の空間

その昔、囲炉裏があることは特別なことではありませんでした。調理や照明、暖房などその一つで生活の安定や暖かみを作り出し、また、家族との団らんという何よりもかけがえのないものを守り続けてきました。
そんな囲炉裏が“珍しいもの”へと変わり、科学技術が台頭して便利な世の中へと変化を遂げてきた中で、忘れられつつある心の暖かみ・・・もう一度、大切な人と囲炉裏を囲んで、そんな気持ちを思い出してみませんか?普段言葉にできなかった想いを素直に伝えることができる、そんな機会にしていただけたら、こんなに嬉しいことはありません。
大自然に囲まれた信州駒ヶ根という地で、懐かしさ溢れる囲炉裏の空間に「ふるさと」を感じてみてください。

お食事処「山家庵いろりん亭」のご案内