霊犬「早太郎」伝説残る温泉地A hot spring that continues from ancient times

囲中央アルプスの麓に湧くこの温泉は、ほど近くに建つ古刹・光前寺で飼われていた霊犬・早太郎がその名の由来です。
足が速く勇敢な早太郎は、遠州見附(静岡県)の村人を難儀から救ったとされ、その伝説が今も長く地元に語り継がれています。

「にいにの湯」と「ねえねの湯」

「にいにの湯」とはおにいさんの湯、「ねえねの湯」とはおねえさんの湯という意味の方言です。
どこか暖かく懐かしい響きを感じられる言葉だと思いませんか?
古き良き信州の田舎風景を思い起こさせるぬくもりを感じていただきたい温泉です。
大浴場には男女ともに内湯、露天風呂、サウナをご用意しております。

男性
[男性専用]にいにの湯イメージ

[男性専用]にいにの湯

女性
[女性専用]ねえねの湯イメージ

[女性専用]ねえねの湯

温泉DATA
【泉質】アルカリ性単純温泉
【効能】神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え性、 等

[女性専用]ねえねの湯3つのポイント

  1. 01女性のための新設計、
    広いパウダーカウンター
    広い脱衣スペース、そして何かと身支度の多い女性のために、洗面カウンターとは別にパウダーカウンターを設置しました。
  2. 02女湯「ねえねの湯」の
    ハーブサウナ
    女湯「ねえねの湯」には、ハーブサウナをご用意しております。心地よい汗を流し、ストレスを解消してみてはいかがでしょうか。
  3. 03早太郎の天然水で
    渇きを潤す
    地下100メートルの深層から汲み上げているアルプスの雪解け井戸水。サウナの後のほてりを、自然のミネラルが潤します。
  • 広いパウダーカウンターイメージ
  • ハーブサウナイメージ
  • 早太郎の天然水イメージ